HOME > 事業案内 > 職場改善事業 > 遮熱シート(屋根)

【工場・倉庫の暑さ対策】遮熱シート

遮熱シート/

【工場・倉庫の暑さ対策】遮熱シート「サーモバリア」

遮熱シートイメージ

近年、毎年の酷暑により、職場、店舗の冷暖房が効かない、工場の中が暑い、ということはありませんか? 工場・倉庫・店舗の暑さの最大の原因は、太陽からの輻射熱(ふくしゃねつ)で、断熱材では防げない熱です。 『サーモバリア』は、アルミ製純度99%の遮熱シートで、太陽からの輻射熱を約97%カットします(一般の断熱材は反射率10%程度といわれています)。

遮熱シート「サーモバリア」は、太陽からの輻射熱による折板屋根の温度上昇を大幅に抑えます。また、接着力に 優れた専用両面テープを使用して貼り付ける工法により、塗料タイプ等と比べて施工性が大幅に改善され導入しやすいのが特徴です。 作業者の技量優劣、天候の寒暖差などに左右されず、 安定的な遮熱効果を発揮、同時に雨漏り対策も実現します。

※輻射熱とは電磁波の一種であり、赤外線により発生する熱のことです

遮熱シート「サーモバリア」の特長

  • ■アルミ製純度99%
  • ■太陽からの輻射熱を約97%カット
  • ■板屋根の温度上昇を大幅に抑える
  • ■特殊シートとポリエチレンクロスの全てにUVカット剤使用

遮熱シートの効果

  • ■冷暖房費節約
     ※静岡大学との共同研究にて最大室温差11℃の測定結果
  • ■在庫商品の劣化防止
  • ■作業環境の改善
  • ■雨漏り防止と屋根劣化防止も期待できます

遮熱塗料に比べ、施工性、耐久性に優れた「スカイ工法」

『サーモバリアスカイ工法』は、輻射熱の反射に優れたアルミ箔を使用したスカイシートを取り付ける工法です。 作業車の技量の優劣、作業時の天候に関係なく均一な遮熱効果を発揮します。 塗料タイプと比べて塗りムラがないことや耐久性の高さなどが評価されています。 また折板屋根特有の雨漏れを防ぐ効果もあるため、一度の施工で熱対策と雨漏り対策が同時に行える画期的な工法です。

「サーモバリアスカイ工法」の特徴

  • ■折板屋根に沿って両面テープで貼る工法
  • ■作業者の技量の優劣がない
  • ■施工性が大幅に改善

遮熱シートの施工はアクアスにおまかせください

アクアスは東海エリアを中心に、施工提案を行っております。印刷工場、オフィス、飲食店など、近年の酷暑により導入、普及が進んでいます。まずは現地調査をいたしますのでお気軽にご相談ください。
※屋根の形状によっては対応不可もあります。
※シート単位の販売は行っておりません。​

ご相談・お問い合わせ

現地調査、お見積りなど、お気軽にご相談ください。

関連リンク

・専用カタログサイト:https://premium.ipros.jp/axuas/

このページの上部へ
取扱商品へのお問い合わせ、ご注文、お見積りのご相談など、随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
052-220-5511WEBからのお問い合わせ